制作会社の選び方ガイド

//制作会社の選び方ガイド

制作会社の選び方ガイド

Web制作を依頼する前の準備と確認

外注範囲を明確にする

制作対応の確認

トータルでコンサルティングしているか知っておく

担当者と自社との相性を検証する

料金体系を確認する

外注範囲を明確にする

Web制作会社と一言で言っても、トータルコンサルティングを行っているのか、一部のみ請け負っているのか、あるいは全外注といった会社もあり、その業態は様々です。
下記のWeb制作6つの流れを参考に、「どこまでの範囲を制作会社に依頼するのか」を明確にすることで、見積もりと実際にかかる料金との違いや、無駄なトラブルを避けることができます。

Web制作の6つの流れ

Check Point
ロゴやキャッチフレーズ、ページのライティングなど、自社でできる事は、事前に確認!
またライティングした原稿のリライティングだけ希望する場合もその旨を伝えるのが後々トラブルになりません。など、まずは自社でできそうな事を整理・確認します。

自社対応チェック項目

  • ドメイン取得
  • レンタルサーバーの手配
  • ロゴ制作依頼の有無
  • キャチコピー
  • ページの構成(デザイン)手書きで良い
  • ページのライティング(基本データ入稿)
  • 更新・運営・保守管理
競合サイトなど、参考サイトを事前にチェックし、作りたいページのヌケがないか、不要なページはないかなど、十分に事前チェックを行うことが大切です。
特にデザインはあとから「ちょっと直す」のは難しいとお考え下さい。Web制作の場合、紙媒体と違い、の「ちょっと直す」は多大な作業が発生しますので追加料金となる場合がほとんどです。
またシステムと連動している場合、ページの追加も多大な作業となります。
自社の各専門部所からの要望は具体的に伝えられるように、手書きやパワーポイントなどで作成した目で確認できる資料を用意します。言葉だけでの依頼は思ったような機能がない、思ったようなデザインでないなど、後々のトラブルにつながります。
Webサイトから集客をし、企業の利益に貢献するサイトにしたいというのは誰しもが思うことです。
「商品やサービスを具体的に表現し、○○の○○をターゲットに、○○という手段で、月間契約を○○契約増やす」などもう一つ踏み込んだ目標を定めておくと目的から外れたサイトになりにくい傾向があります。

制作対応の確認

あらゆる業種でそれぞれに特化した固有のサイトを保有するようになり、今では「インターネット上でホWebサイトが見つからない企業・店舗は存在しないのと同じ」と言われるほどです。
集客に必須の条件となってきているWebサイトだからこそ、自社にあった制作に対応可能な会社を見極めましょう。

サイトの大分類と目的別機能

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは

コーポレートサイトとは、企業自身の公式ウェブサイトで、顧客や取引先/協力企業、投資家、採用希望者との円滑なコミュニケーションを行うために設けられる。

プロモーションサイト

プロモーションサイトとは

広告、販売促進、PRをあわせたもので、特定の商品やサービスに関してのみのサイトで、ゲームや懸賞応募などのギミックをあしらった期間限定の特設サイトととして開設されることも多い。

ECサイト

ECサイトとは

いわゆるネットショップで、商品をインターネット上で販売するサイト。楽天などのモールに出店する、レンタルカートを利用して販売する、自社ショッピングサイトとしてオリジナルに制作する、の3パターンに大別される。

ボータルサイト

ボータルサイトとは

Googleに代表される様々なコンテンツやメール、検索サービスが集約された入り口サイトを指していた。現在では、グルメ、育児、ライフスタイル、音楽、書籍、自然、旅行、車など特定のテーマに絞ってコンテンツを取り揃えているサイトをポータルサイトと称することが多くなっている。

SNSサイト

SNSとは

SNSとは、人と人とのつながりを促進・支援する、コミュニティ型のWebサイトおよびネットサービスで、友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する会員制のサービスです。

ランディングページ

ランディングページとは

ランディングページには大きな特徴として、「リンクが無い」「テキストよりもイメージ画像を多用し視覚的にリッチ化する」「お問い合わせボタンを強調している」といったものが多い。健康食品や美容化粧品、食品などで広く使われてきたが、近年は一般消費者向けだけでなく、求人サイトや事業者向けでもランディングページは広く活用されている。

CMS構築

CMSとは

CMSは、Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。 簡単に言ってしまうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、HTMLを編集するスキルが無くてもホームページを更新することができるシステムのことで、ブログもCMSの一種と言えます。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは

「レスポンシブWebデザイン」とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズをWebサイト表示の判断基準にし、ページのレイアウト・デザインを見やすく最適に表示・調整することを指します。

サイト多言語化対応

サイト多言語化対応

Web業界は他のどの分野よりもグローバル化が進み、今や日本のサイトやサービスを海外の人が楽しんでいることも自然なこととなってきており、「多言語化」を視野に入れる企業も多くなってきています。

トータルでコンサルティングしているか知っておく

企画から運用までトータルで請け負ってくれるかどうかは大きなポイント!

Webサイト制作・運用には、デザインやコーディング(デザインを基に言語を使用して実装する作業)だけでなく、様々な要素が加わってきます。
企画から運用まで依頼したいということであれば、下記のような事項とトータルで請け負ってくれるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

Check Point
Webサイトは公開するのが目的ではありません。むしろ公開してからが大切です。
ただ制作するだけでなく、自社の社員同様の気持ちで企業の発展に末永く貢献する永続的なパートナーであることが望まれます。そのためには初動の段階で、徹底的なヒアリングが大切になります。
多少面倒であっても、徹底的なヒアリングをすることで目的に近いWeb制作が可能となる傾向にあります。
Webサイトは、顧客や取引先など閲覧者に有益な情報が掲載されていることが、最も大切です。
企業側目線のwebサイトになっていないか、制作の目的やコンセプトにずれがないかなど依頼者、制作者ともに確認しながら、お互いに過信しすぎないのも大切なことです。
希望した機能やデザインが予算内で出来ない場合など、代替の機能やデザインの提案など予算内で収まる同等の対策を実装する技術や提案力があるかは、サイト制作料金を大きく左右します。
特にシステムなど当初希望していた機能は必要ない場合も多々あり、本当に必要な部分のみ備えた最適なシステムをご提案できることも大切な要因です。
Webサイトは、広く不特定多数の人の目に触れるものですから不当表示にあたる表現などがあった場合、改稿が必要になります。裏付けのないナンバーワン表示、激安や永久、二重価格の不当表示、特に薬事法には、医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品等、ジャンルによって製品や広告に使用できる表現に細かな決まりがあります。こうした表現はうっかりでも使用してはいけません。Web制作者はこうした「広告には使用してはいけない言葉や表現がある」ことを十分知っておく必要があります。

担当者と自社との相性を検証する

相性の良さなども重視し、スムーズなコミュニケーションを!

業務委託契約書、見積書、などの業務手続きがスムーズか、進捗報告、制作管理が適切か、全て担当者の手腕にかかってきます。
実際にデザインやコーディングを行う技術者も大切ですが、窓口となる制作側の担当者も非常に重要なポイントです。
担当者とはサイト完成までに頻繁にコミュニケーションをとることになるので、経験が少ない、あるいは相性の良し悪しで、意向をなかなか汲み取ってもらえないなど、トラブルが生じる可能性があります。

Check Point
Web関連の専門用語は片仮名やアルファベットばかりで、初めは何のことか理解できないことも多いと思います。しかも、新しい用語が次々に出てくるから大変です。そうした用語を自社や業界のビジネスを踏まえて、わかりやすい言葉に言い換えて説明が出来る人材でなければいけません。
担当者は、いわばディレクターであり、制作に関しては全てを熟知していなければなりません。
もちろんデザインも、コーディングも、システムに関しても十分な知識がなければスムーズに進めることができません。
「全てお任せ下さい!」の二つ返事の営業専門の担当者には要注意です!
結局予算内では、思ったようなサイトにならなかったという結果になることが、しばしばです。
希望した機能やデザインが予算内で出来ない場合など、代替の機能やデザインの提案など予算内で収まる同等の対策を実装する技術や提案力があるかは、サイト制作料金を大きく左右します。
特にシステムなど当初希望していた機能は必要ない場合も多々あり、本当に必要な部分のみ備えた最適なシステムをご提案できることも大切な要因です。
Webサイトは、広く不特定多数の人の目に触れるものですから不当表示にあたる表現などがあった場合、改稿が必要になります。裏付けのないナンバーワン表示、激安や永久、二重価格の不当表示、特に薬事法には、医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品等、ジャンルによって製品や広告に使用できる表現に細かな決まりがあります。こうした表現はうっかりでも使用してはいけません。Web制作者はこうした「広告には使用してはいけない言葉や表現がある」ことを十分知っておく必要があります。

関連記事

この記事に関係のその他のお薦め記事

制作会社の選び方ガイド

By | 9月 10th, 2016|Categories: Webサイト制作編|

Web制作を依頼する前の準備と確認 外注範囲を明確にする 制作対応の確認 トータルでコンサルティングしているか知っておく 担当者と自社との相性を検証する 料金体系を確認する 外注範囲を明確にする Web制作会社と一言で言っても、トータルコンサルティングを行っているのか、一部のみ請け負っているのか、あるいは全外注といった会社もあり、その業態は様々です。 下記のWeb制作6つの流れを参考に、「どこまでの範囲を制作会社に依頼するのか」を明確にすることで、見積もりと実際にかかる料金との違いや、無駄なトラブルを避けることができます。 Web制作の6つの流れ コンセプト、目的、使用デバイス、サイトの運用体制、宣伝方法などの要件や手順を決め、企画書を作る(この部分から外注する場合は提案書という形で提示となります) ページの設計図(遷移図、ワイヤーフレーム)要件定義書を作成する 必要な素材を準備し、サイトのデザインを作成する デザインに基いてシステムを実装し、コーディングする データの納品・公開を行う 検索エンジン対策(SEO)用にサイトの情報の登録を行う、海外向けにサイトの多言語化をする Check Point ロゴやキャッチフレーズ、ページのライティングなど、自社でできる事は、事前に確認! またライティングした原稿のリライティングだけ希望する場合もその旨を伝えるのが後々トラブルになりません。など、まずは自社でできそうな事を整理・確認します。 自社対応チェック項目 ドメイン取得 レンタルサーバーの手配 ロゴ制作依頼の有無 キャチコピー ページの構成(デザイン)手書きで良い ページのライティング(基本データ入稿) 更新・運営・保守管理 [...]

Webデザイン・ホームページ制作相場と費用参考

By | 9月 3rd, 2016|Categories: Webサイト制作編|Tags: , |

Webサイトは、大きく分類すると「コーポレートサイト」「ポータルサイト」「ショッピングサイト」「ランディングページ」に分けられますが、それぞれのサイトの制作料金の相場や各種機能の相場はどれくらいのものなのでしょうか?

お知らせ

Topics

By | 2017-12-14T16:45:18+00:00 9月 10th, 2016|Webサイト制作編|0 Comments